京阪電気鉄道600形


605F 
(2014.3.23) 京阪石山坂本線穴太、SONY NEX-3N+E18-55mm F3.5-5.6 OSS、1/800、F4.5)

京阪石山坂本線の主力車両です。1980年代、旧型車両のボディを再利用し登場した車両で、当時としてはエコな車両だったのではないでしょうか。
10編成20両が製造され、1次車~3次車まで存在し、前面窓や妻面部などに違いが見られます。製造後は石山坂本線の他、京津線の準急などにも運用されましたが、1997年に京津線が京都市営地下鉄東西線との直通運転を開始した後は石山坂本線専属となり、石山寺~坂本間で活躍しています。

石山坂本線は京都市を通らない路線性質を利用し、多種のラッピング車両が登場し活躍しています。最近では地元に関係したラッピングだけでなく、アニメのラッピングも盛んに行われるようになり全国から注目を集めています。600形も過去には「けいおん!」や「ガンダムAGE」などのラッピングを行った実績があります。

■京阪600形のラッピング車両

613F 
(2013.2.24) 京阪石山坂本線、OLYMPUS E-410 + 25mm F2.8 
過去にけいおんラッピングを纏ったことのある613-614の編成。
写真は2013年3月に行われたびわ湖毎日マラソンの宣伝ラッピング。


607F 
(2013.2.24) 京阪石山坂本線京阪石山、OLYMPUS E-410 + 25mm F2.8
1次車。
ラッピングは2012年に大津市社協が創立60年を迎えたのを記念したもの。


619F 
(2013.2.24) 京阪石山坂本線近江神宮前、OLYMPUS E-410 + 25mm F2.8
過去に「ガンダムAGE」ラッピングを纏った車両。
「戦国大津物語」と題して大津に縁のある武将たちを紹介したラッピング。


619F 
(2014.3.23) 京阪石山坂本線浜大津、SONY NEX-3N+E18-55mm F3.5-5.6 OSS
上写真と同じ編成。
一年後行ったらこんなラッピングに。


605F 
(2014.3.23) 京阪石山坂本線京阪石山、SONY NEX-3N+E18-55mm F3.5-5.6 OSS 
地元社会人バスケチーム「Lake Stars」の宣伝ラッピング。

側面。


603F 
(2014.3.23) 京阪石山坂本線近江神宮前、SONY NEX-3N+E18-55mm F3.5-5.6 OSS
2012年から、「特急色」の復元が行われています。


617F 
(2014.3.23) 京阪石山坂本線浜大津、SONY NEX-3N+E18-55mm F3.5-5.6 OSS 
大津を舞台としたアニメ「ちはやふる」ラッピング。
アニメは2期まで放映されていて、女性を中心に人気があるらしい。
「けいおん」や「中二病」同様、内容も施されている模様。
好評により2度ほど運行期間が延長されており、7月までの運行予定(2014/4現在)

側面。


609F 
(2014.3.23) 京阪石山坂本線近江神宮前、SONY NEX-3N+E18-55mm F3.5-5.6 OSS
2014年3月から運行開始したアニメ「中二病でも恋がしたい!」のラッピング。
「中二病でも恋がしたい!」では大津が舞台とされ、京阪600形もところどころで登場していて、京阪電気鉄道も制作協力していた。このラッピングはアニメ2期の放映を記念して登場した。
外装だけでなく、内装も非常に力を入れているものだった。
2015年3月まで運行予定。2014年3月末からは京阪大津線サイトで運行予定が確認できるようになっている。
中二病でも恋がしたい!ラッピングの詳細についてはコチラ!


戻る
inserted by FC2 system